買い物

d0172650_1194285.jpg


「資源の無い国」と小さい頃から教わった世代だけど
「何でもある」と錯覚している世代になった気がする
錯覚は実に恐ろしい

料理をするとお皿に載せる料理の量よりも
ゴミの方が多いときがたくさんある
プラスチックのゴミが特に多い
何とかならないものかと思っていたが
先日東急ストアーでシンプルな包装の鶏肉をみた
これで十分。
無理に美味しく見せる必要は無い。

それとス—パーで賞味期限の長い物を探して買う連中が多いが
買われなかった商品はゴミになる
今日食べるなら賞味期限の短い物から買うべし

それが資源の無い国の人間の考え方だと思う
[PR]
by oshiyamatomoyoshi | 2011-07-01 01:30 | 日々の事


<< 川上 陽子さんからのお手紙 多摩川にて >>